quality management品質管理

品質目標

工程内検査の充実/不具合の客先への流出撲滅/クレームの対応は迅速に

品質管理体制

問題の把握と解決「見える化」への取り組み

「見える化」への取り組み

コンピューターをフルに活用し、ロットの小さな製品から大きな製品まで、1個単位で、誰がいつ、どの機械を使ってどんな工程でつくったのか、といった製品の素性や履歴などをすべて把握できます。
万が一不良品が発生した場合にも、すぐ、その原因を調べて対処することができるので、結果的に不良品の流出を防ぎ、顧客満足度と製品の品質向上に繋がります。

生産流通情報把握システムトレーサービリティーシステム

トレーサービリティーシステム

「見える化」への取り組みだけににとどまらず、生産から流通の流れを把握できる「トレーサービリティーシステム」を導入しております。
自社の生産形態に合わせて、自社で開発した「トレーサービリティーシ ステム」を10年以上運用しております。
作業者毎にタブレットを配布し、生のデータをシステムに反映しトレーサビリティー・変化点管理に生かしています。

品質保証体系図画像をクリックすると拡大できます。

品質保証体系図

PAGE TOP